ヴィークコート豊田の魅力を徹底取材 ~ 第12回 来場者に聞いた!魅力的なポイント(環境編)

ヴィークコート豊田 2016.03.30

第12回 来場者に聞いた!魅力的なポイント(環境編)

豊かな自然に囲まれたやすらぎの環境

今回は、マンションギャラリーの来場者にむけて実施したアンケート結果から「ヴィークコート豊田」の環境面の魅力について読み解いていきたいと思います。
「ヴィークコート豊田」の大きな魅力の一つは、豊田の街のシンボルでもある「黒川清流公園」に隣接していて、豊かな自然に囲まれていること。森と生き、森の中で目覚め、自然と触れ合い自然と関わる。そんな暮らしが実現する点がとても高く評価されています。

東京都とは思えないほどの自然がいっぱい

黒川清流公園にはホタルや野鳥が生息することで知られ、様々な生物と触れ合えます。この公園を含む広大な森は保全地域に指定され、地域の人々によって守られてきました。都心で自然と関わりながら暮らすことが出来る貴重な環境です。

散策路を進むと鯉のいる池や湧水で育てるわさび園などがあります。

公園内には東京の名湧水57選にも選ばれた湧水が流れる広場があり、暑い時期には裸足で水遊びをする子供たちで賑わいます。
透き通った湧水。ザリガニやサワガニなどの生き物たちが住んでいます。

自然に癒されたいときは透き通った水が流れる川のせせらぎを聴きながら、いつでも散歩ができますね。
春には桜、秋には紅葉。四季折々の風景が楽しめます。

静かで開放感のある住環境

当物件の周辺は【第一種低層住居専用地域】に定められています。良好な住環境を維持するために建物の高さや面積が制限されているので、日陰も少なく、開放的な街並みを維持することが出来ます。建物で陽の光がさえぎられないので、土地は明るくおのずと緑地も増えます。将来にわたって自然に囲まれた暮らしが期待できますね。

建設中の現地の様子。(※2016年1月撮影)

※掲載の写真は2015年8月に撮影したものです。
【2016/3/18 ライター:伊藤雅衣

 


ヴィークコート豊田の他の連載レポート

ヴィークコート豊田の物件の情報

ヴィークコート豊田
【所在地】
日野市東豊田3-26-17ほか(地番)
【利用駅】
JR中央線「豊田」駅徒歩6分
【売主】
清水総合開発株式会社

To TOP